むくみを解消するメリット|健康になるためには

婦人
  1. ホーム
  2. お酒のあとのシジミ汁効果

お酒のあとのシジミ汁効果

シジミ

肝臓を助け元気な毎日

お酒を飲んだ次の日にはシジミが良いと昔から言われていますが、それはシジミの持つオルニチンの効果によるものです。シジミは、肝機能の改善に効果が高いオルニチンが豊富に含まれています。では、オルニチンとは一体どのようなものなのでしょうか。オルニチンとは、シジミなどの様々な食材や人の体の中にも存在するアミノ酸で、体内では血液中や脂肪の中など色々な場所で蓄えられています。しかし、もっとも多く蓄えられているのは肝臓です。肝臓は食事で摂った栄養分を各器官に必要な形に変えたり、エネルギーを貯蓄したり、脂質を消化したり肝臓で処理された不要な物質を排出する胆汁を生成したり、アルコールや薬またはアンモニアなど体内にとって有害な物質を解毒する大切な器官です。しかし暴飲暴食や過労更に不眠やストレスにより肝機能が低下し、大切な役割である代謝や解毒を行えず十分なエネルギーを生産出来なかかったり、毒素を排出できないと元気が出ず疲労感を感じます。そこでオルニチンを食事やサプリメントから摂取することで、体内のオルニチンの量を増やし肝臓の働きを助けることができます。オルニチンは腸から吸収され、肝臓ではアンモニアの解毒を促進します。またアンモニアは、活動の源となるATPや脳のエネルギー源となるグルコースの生成を妨げてしまいます。そのため、オルニチンを摂ってアンモニアを解毒することで、円滑なエネルギー供給を助け体を元気に更に疲労を回復させます。暴飲や暴食更には、過労やストレスなど私たちの肝臓をはじめとする体は二十四時間休まず働いてくれています。オルニチンを上手に食事やサプリメントで取り入れ、肝臓をサポートし元気な毎日を送りましょう。